マザーボード交換やってみよう

マザーボードが故障した時の主な症状

注*ここでのマザーボード交換とは自作パソコン等でユーザー自身で交換作業をすることで、メーカーPC等で保証期間中又ショップの保証延長期間中の故障については、それぞれの該当する保証に依り修理交換を依頼する。


マザーボードが故障した時の主な症状

電源投入後、反応が無い。
電源投入後、画面に何も映らない。(BIOS画面も
出ない)
電源投入後、BEEP音が鳴らない。
電源投入後、BEEP音が繰り返される。
電源投入後、直ぐに電源が切れる。
使用中に突然電源が切れる。



電源投入後、画面に何も映らない
使用中に突然電源が切れる


マザーボード点検時に目視にて発見できる異常と対処法

マザーボード上のコンデンサの膨らみや破裂そして液漏れを確認すれば即交換。
マザーボード上の各パーツの焼き付きに依る変色を確認すれば即交換。
その他マザーボード上の各パーツ取付不良・取付異常を確認すれば即交換。

ほとんどのマザーボードには通電を確認するLEDが搭載されているため、電源投入時マザーボードが故障していればLEDが点灯しません。

マザーボード故障-交換時のヒント
マザーボード故障の前兆

PC起動直後にフリーズ
PC起動中にフリーズ
動作中に時々フリーズ



交換用「マザーボード」の検索はこちらへ
 
マザーボード故障の前兆


電源投入後、BEEP音が繰り返される場合は、マザーボードが故障している可能性があります。
しかし、電源ユニットの故障や劣化による容量不足等の原因も多々あり、またBEEP音が違う鳴り方の場合CPUが故障したり、メモリやビデオカードが故障したりして警告音が出ている場合もあります。

ユーザーが故障したパーツを見つけるには、マザーボード、ハードディスクドライブ、CPU、メモリ、電源ユニット等のパーツの予備を持っている事が前提で、それぞれの各パーツを一つずつ付け替えて、どのパーツに異常があるのかを確認する方法ですが、かなり時間と費用が掛かります。
まあこれら現在使用中のどのパーツも永久に使用できる物でもなく全て消耗品ですし、この先もパソコンを使用していくにはこれらのパーツを持っていることが保険と思えばいいんですがね・・・。


マザーボードが故障したかなと思われた時、試してみる操作
マザーボードのボタン電池の接触不良かも知れませんので、 一度外して入れ直してみて下さい。
その他全てのプラグ・コネクタ等が確実に接続されているか、スイッチ類が設定どうりか等を点検して下さい。

マザーボードに埃が溜まるのも厳禁、パソコン内の冷却効率・性能維持のため定期的に埃は除去しましょう。
パソコンを置く場所は直射日光、湿気、高温、低温、強い振動も厳禁です。

パソコン使用上の最重要事項:パソコンはいつ故障するか分かりません、もしもの時に備えて自身で作成した大切なデータは必ず外部機器等に新規・更新作成の都度バックアップを実行して下さい。

マザーボードの故障が判明したら交換準備まずマザーボードの入手そして交換作業の準備

マザーボード交換の詳しい手順はこちらのサイトをご参照ください



交換に最適なパーツを入手するにはこちらへ


・「メモリー増設交換費用」は 2000円〜3000円位作業時間は30分〜1時間位
・「CPU交換費用」は1万円台から  作業時間は2時間〜4時間位
・「マザーボード交換費用」は 4000円台から  作業時間は3時間〜6時間位
ハードディスク交換費用は5000円台〜 作業時間は30分ぐらい〜
・「SSD増設費用」は8000円〜20000円位  作業は取付1時間OSの移行設定に1〜2時間位

そしてメモリ増設・交換・CPU・HDDの交換そしてSSDの増設をやってみてはいかがですか、パソコンの性能アップには非常に効果的です。費用は28000円 〜37000円位 作業時間は半日〜1日位



自作パソコンのメリットはパーツの選択は規格が適合すれば全て自由です。

 パソコンの専門店 ドスパラ